読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stay hungry,Stay foolish

様々な自己啓発を元に、25歳の平凡な私が成功するまでリアルタイムでお届けする物語。※成功したお話ではないので、成功するかは分かりません。

Meditation.4

こんにちは、Kotaです。

 

最近、お腹がものすごく空くんです。

仕事がわりかし肉体労働に近いという事もありますが、モーニングメソッドをする事で

朝早く起きるようになり、朝ごはんを食べるようになりました。

(高校生くらいから今まで、朝ごはんを食べるなど奇跡に近い事でした。笑)

そうすると、本来の人間の正しい生活習慣になるのでしょうか。

ちゃんと1日お腹が空くんですよね。

健康になってるのでは。と感じる今日この頃です。

 

さて昨日は、瞑想における大切な3つのポイントと、調身についてお話しました。

 

今日は、2つ目のポイントである”調息”についてお話します。

 

息(呼吸)を調える方法です。

 

基本姿勢は、背筋を伸ばす事。

大丈夫ですね?

 

呼吸は基本鼻からしましょう。

 

鼻から吸って鼻から吐く。

 

普段口呼吸になっている人はここでつまずく人もいるかもしれません。

 

私は鼻呼吸は昔から自然としていたので、苦労しませんでしたが

友人の一人が鼻から呼吸できないやつがいます。

 

おまえ、まじか!と思いましたが、そういう人もいるのかと、ちょっと面白い発見でした笑

 

そして、注意を向けてほしいのが吐く時

特に心がざわついている時なんかは吐く方を丁寧にしてみてください。

 

吐く息は副交感神経と密接なつながりがあるそうです。

副交感神経とはリラックスする為の神経で、

交感神経と副交感神経がスムーズに切り替わると、よく眠れたりとか良い効果がたくさんあるようです。

私はこの副交感神経があまり優位に立たず、中学生の時に帯状疱疹になり学校をしばらく休んだ記憶があります。

 

つまり、息を丁寧に吐く事によって副交感神経が刺激されて、

リラックス状態、心が落ち着く状態になるわけですね。

 

ゆっくり息を吐いてみてください。

無理はせず、苦しくならない程度に。

 

そして息を吐く時に同時に身体の力を抜いていきましょう。

と、いうか息を吐く時でないとうまく力抜けない。(私だけ?笑)

どんどんリラックス状態に入ってきていますよ〜〜。

 

いつも最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

Thank you!!

 

Kota