Stay hungry,Stay foolish

様々な自己啓発を元に、25歳の平凡な私が成功するまでリアルタイムでお届けする物語。※成功したお話ではないので、成功するかは分かりません。

Mindfulness.2

こんにちは、Kotaです。

 

今月、友人の結婚式があるので伸び放題だった髪をカットしていきました。

同級生の、しかも男が結婚となると少し焦るというか、現実を見せつけられている感じですね。笑

 

さて、マインドフルネスについて前回のブログで”脳の休息法”というお話をしましたね。

 

脳の休息ってなんだよっ!!

って思いませんか。身体の休息は何をしたら良いかイメージできるけど

脳の休息ってうまくイメージできない。

 

休息の前に、”脳の疲れ”について考えてみたいと思います。

いつ脳が疲れるのか。何をしたら、脳が疲れるのか。

すごく考え事をした時、勉強した時、仕事を抱えている時...

人それぞれ、様々な状況が考えられると思いますが

私の場合は英語の勉強をしている時に感じました。

 

あれ?単語覚えられてない。と、いうか集中できてない。

目の前には単語のテキストが開かれているのに、頭の中には可愛いあの子の事ばかり。

なのにすごく疲れている感じ。

なんて状況に気付き、これは頭の中疲れてるなって思ったんです。

 

要は、目の前の勉強に集中できず無意識的に別の事を考えてしまっているという状況でした。

この無意識で脳がいろいろな事を考えている状況を、

デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)というそうです。

脳は体重の2%という小ささにもかかわらず、消費エネルギーは全エネルギーの20%も占めているそうです。

そしてこのDMNは、脳の消費エネルギーの60〜80%を占めているそうです。

 

そりゃあ頭使ったら、腹も減るし疲れるわけだよ!!!

めちゃめちゃエネルギー使うやんけ〜〜やんけ〜〜やんけ〜〜〜...

 

とまぁ、そういう感じ。

 

つまり逆に言えば、この無意識に考えてしまっている状況を少しでも抑える事はできれば、

消費エネルギーも少なくなり、脳も疲れにくいという事。

 

脳の休息はこの疲れにくい脳をつくる事から始まります。

 

なるほど。

確かに疲れにくければ、回復も早いよな。

納得。

でも無意識に考える状態を抑える方法とはなんじゃ!!!

無意識なのに、抑えるって。

 

 

いつも最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

 

Thank you!!!

 

Kota