Stay hungry,Stay foolish

様々な自己啓発を元に、25歳の平凡な私が成功するまでリアルタイムでお届けする物語。※成功したお話ではないので、成功するかは分かりません。

Excite

こんばんは。Kotaです。

 

夏日ですね。

 

自転車通勤の私は少しずつ肌が焼けてきた事を実感します。

 

今年の11月にオーストラリアに行くので、私には今年冬はないっ!!っw

 

冬好きなんですけどね。冬生まれだし。

 

さて、昨日も書いたホリエモンの”多動力”。

 

 

きになるページを折るのが私の読書術(大した事無い。w)なのですが

 

その一つに”ワクワクしない時間を減らす”とあります。

 

本当そのとおり。

 

仕事でも人間関係でも遊びでも。

 

ワクワクしない事をしている時が本当嫌。

 

全てが無駄かというとそうではないと思いますが、

 

それが1得するとしたら、

 

ワクワクしている時は5000くらい得だと思う。

 

楽しいって最強だと思う。

 

僕の人生の指針はいつも”楽しい”かどうか。

 

迷ったら辛い方を選ぶとか、大変な道を選ぶとか

 

スポーツ選手とかでも多いと思います。よく聞きますよね。

 

それも絶対に必要な事です。楽な道ばかり歩んでいたらなにも成長がない。

 

でも、僕は大変とか辛いとか頑張らなきゃいけない道とか

 

絶対選ばない。

 

なんで辛いのがわかっているのに選べるのか分からない。笑

 

それが楽しいかどうか。楽しめるかどうか。Enjoyできるかどうか。

 

ただそれだけ。

 

人生楽しみたいんです。

 

朝早く起きる事も、楽しいから。

 

英語を勉強するのも楽しいから。

 

それが他人からみたら、辛そうで大変そうな道でも、当の本人は楽しんでいるんだから

 

関係無い。

 

人目を気にするなとかいうけど、

 

そもそも気にする理由がない。

 

だって楽しいんだもん。

 

ワクワクしない時間、ありませんか?

 

一生に一回の人生、ワクワクする時間に生きませんか。

 

 

いつも最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

Thank you!!

Kota.

Now

お久しぶりです。

 

あけてしまって非常に申し訳無い。

 

何かと忙しかったと言い訳をしたいところだが、

 

振り返ってみると、更新ができないほど忙しかったわけでもない。

 

言い訳は自分の存在を正当化させようとしているだけだと心の底から痛感する。笑

 

さて、最近は過去に読んでいた本を振り返って読んでいた事が多かったのですが

 

久しぶりに読みたいと思った本があったので、昨日買ってきました。

 

こちら⇩⇩

 

 

 

ホリエモンの"多動力"

 

なにやらすごい勢いで売れているらしい。

 

ホリエモンの本は面白い。

 

きっとこの人がぶっとんでいるからだと思う。笑

 

この人をぶっとんでいると思うという事は、

 

私の感覚は多くの皆さんと近い感覚である事がわかっていただけると思う。

 

だけど、今回の本に関しては共感できるところもたくさんあった。

 

多動力。

 

いろいろな事を同時にできる力。

 

すぐに飽きて、新しい事を始める。

 

そしてその新しい事もすぐ飽きてまた新しい事を始める。

 

日本では、終身雇用などの言葉があるように続ける事に美徳がある。

 

この本でも”石の上にも3年”という言葉をディスっている部分がある。

 

これは非常に共感できる。

 

長く同じ事を続けられる人はすごいと思う。尊敬もする。

 

だけどこれから我々がいきていく時代は、

 

そういう人達は本当のトップを除き淘汰されていくと思う。

 

むしろ、どんどん新しい分野に飛び込める人材こそがこの世の中を作っていくと思う。

 

そして私はそうでありたいとも思う。

 

とにかく、やりたい事がたくさんありすぎて困っているくらい。

 

これからの時代、絶対に”語学”が必要だ。

 

どんどんどんどん、必要になるはず。

 

そして自分が必要だと思った時こそ、タイミングだと思う。

 

私は11月からオーストラリアに1年か2年留学をする。

 

もちろん、英語はできない。(勉強はしている)

 

 

だけど、いろいろ考えているうちに考える事が嫌になって

 

そのうち行く事も嫌になる。

 

だったら、考えなければいい。

 

人間死ななきゃなんだってできる。

 

ホリエモンだって獄中からメルマガを送り続けていた。

 

やったもん勝ち。

 

世間の目を気にしてたってしょうがない。

 

自分のやりたい事だけやればいい。

 

多くのビジネス書を読んでいると、やりたく無い事を排除していく事が大切だとか書いてある。

 

だけど、やりたく無い事を考えている時間が一番もったいない。

 

”今”やりたい事をやればいい。

 

スティーブ・ジョブズも言っている。

 

点と点は繋がると。

 

そして私は思う。

 

点と点を繋げる人生にすればいい。

 

その時には、まった事はどこかで役に立つ。

 

その時がいつかは分からないが、思わぬところで発揮できるものだ。

 

なにが言いたいかというと、

 

”今”を楽しんで、他の誰も歩めない自分だけの人生を大切にしよう。

 

時間は”今”の連続です。

 

 

いつも最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 

 

Thank you!!

 

Kota 

Brave

こんにちは。Kotaです。

もう気候が夏ですね。暑すぎます。

 

さて以前にも少し触れましたが、アドラー心理学が私に多大なる影響を与えています。

アドラーについては、かなり掘り下げて記事にしていきたいので今本を読みながらまとめているところです。

 

そのアドラーの中でもよく出てくる”勇気づけ”という言葉。

 

アドラーが言うこの言葉の意味はまた違う記事で書きたいと思いますが

今回は”勇気”という言葉について考えてみたいと思います。

 

先日、可能性の中に生きる事ができる人は強いという話をしました。

⇩⇩

k-labo.hateblo.jp

 

誰も分からない未来の可能性に1歩を踏み出せる人が、

自分の人生を決める事ができるのではないかという話です。

そして”ゼロを1に変えられる人”は、もれなく勇気を持っている人だと思うのです。

 

1歩を踏み出す勇気。

誰でも新しい事とか分からない事に対しては躊躇すると思います。

そして出来ない理由ばかり並べて結局やらない。

皆さん経験あると思います。私はこんな事ばっかですよ。

 

仕事が辛いからやめたい。けど、辞めたあとにどうなるか分からない。

本当に仕事見つかるの?私にできる事って無いな。。

だったら辛いけど今のままでいいか。

 

私の周りにもすごく多いです。

でも本当にそれでいいの?って思います。

本人が良いなら別に構いませんよ。

俺の人生じゃないですから。

 

でもその気持ち、自分に嘘ついていませんか?

辞めたあとの自分の人生は、辞めた自分が決められるんですよ。

本当に辞めたいと思っているなら、環境を変える”勇気”が必要なんじゃないでしょうか。

 

仕事じゃなくてもそうだと思います。

好きな人がいて告白したいと思う。

でもふられてしまったら?他に好きな人がいたら?今の関係が壊れたら?

ネガティブな理由ばから並べて、動かない人結構いると思います。

 

でも、ここに勇気があったら?

 

もしかしたら付き合えるかもしれない。

もしかしたらあの子も僕の事が好きかもしれない。

この可能性の中に踏み出せますよね。

そして、環境は変わる。

 

付き合えるかもしれないし、ふられてしまっても次につなげる事ができる。

少ししかなかった可能性と選択肢が、一回の”勇気”によって爆発的に広がると思いませんか?

 

勇気を持って仕事を辞めた結果。

今よりも自分の時間が確保できた、給料が上がった。

 

こんな事があるかもしれません。

この可能性に飛び込む事ができるのは、”勇気”を持っているからではないでしょうか。

生きていく上で最も大事なものと行っても過言ではないと思います。

 

勇気があれば、ネガティブな思考が可能性を考えられるポジティブ脳に変わる。

勇気があれば、自分を変えられる。そして環境が変わる。

環境が変わると周りが変わる。そして変わった周りにまた自分を変えてもらえる。

 

良いルーティーンが生まれると思いませんか。

 

私はこの”勇気”を持って生きていきたいです。



いつも最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

Thank you!!

 

Kota